HDCVI/IPカメラ紹介

製品区分と、各種カメラの簡単な説明

HDCVIカメラ
ネットワークカメラ
戻る

HDCVIカメラ

HDCVIは、High Definition Composite Video Interface 規格の略称。
同軸ケーブルで接続するアナログハイビジョンカメラ。
Dahua独自のHDCVI規格により、旧来のアナログカメラと同じ3C-2V規格の同軸ケーブルで720P以上の解像度で録画が可能です。
伝送距離は、3C-2Vで300m、5C-FBで500mです。
カメラ制御信号や音声も同軸ケーブルで伝送されるので、追加のケーブル配線の手間が不要です。
CVI/アナログ/AHD/TVIの出力が可能なカメラ(4 in 1 カメラシリーズ)も取扱いがあります。

メリット
  • 旧来のアナログカメラと同じ伝送ケーブルでハイビジョン以上の画質の録画が可能となります。
  • 既設の同軸ケーブルでも、機器を入れ替えるだけで解像度が大幅に向上します(要ケーブル検査)。
  • 中規模以下(16台前後)の監視カメラシステム導入に最適。
  • 映像に遅延がありません。
  • 別売の電源重畳(POCユニット)を使う事で、電源の配線も不要となります。

ネットワークカメラ

LANケーブルで接続するネットワークカメラ。
HDCVIカメラ製品よりも、高解像度の製品が多く存在します。
4Kの解像度の製品も多数ラインナップ済です。

メリット
  • 中規模御以上(32台以上)の監視カメラシステム導入に最適。
  • 配線工事が同軸ケーブルに比べて容易。
  • PoEスイッチを使用する事で、個々のIPカメラへの電源供給が不要となります。