三密対策パッケージ

Dahuaだから出来る三密対策パッケージ

人体検温ソリューション
AIカメラご紹介
戻る

三密対策パッケージ

ニューノーマルに向けて

課題
新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、感染防止策として「三密(密集・密接・密閉)」の回避が求められています。本パッケージの目的は以下の通りです。

  • ニューノーマル(新しい生活様式)に即した、お客様が安心して利用できる環境作り
  • 現場を支えるスタッフ様の安全の確保
  • 新型コロナウィルス感染対策と経済活動の両立

3つのチェックポイントで、なるべく人手を介さず、効率的に三密対策を実行します。

三密対策パッケージ


三密対策パッケージ対象図
Dahuaだから出来る三密対策!
先進のAIカメラとレコーダの組み合わせにより、施設入口 / 店舗入口 / 店舗内部の3か所のチェックポイント毎に多層防御の構築が可能です。
煩わしい作業はデバイスが担当し、安全かつ効率的に三密対策を実施します。

施設入口 人体検温システムで異常な発熱者を検知し、施設内への発熱者の入場を防ぎます。
店舗入口 フロー制御で店舗内の人数を自動把握。定員以上の入室を自動で制限する事で密状態を回避します。
店舗内部 密を避けたい場所をカメラが見張り、アラームを上げる事でソーシャルディスタンス確保を支援します。

大規模施設入口 人体検温


人体検温システム使用イメージ
サーマル人体検温システム(サーマルカメラ)を設置して下さい。
最大同時検知数15人・最大温度測定誤差±0.3℃の精度で、大人数を高速かつ同時に検温します。
これにより、異常な発熱者を入館前にチェックする事が可能となります。
※マスクを付けた状態でも検温可能です。

【参考情報】
サーマル人体検温システム

小・中規模施設入口 人体検温


人体検温アクセスコントローラ使用イメージ
人体検温アクセスコントローラ エントリー版を設置して下さい。
入口に入る前に本機の前に立つと、自動的に1人ずつ高速に温度測定誤差±0.5℃の精度で検温します。
これにより、異常な発熱者を入館前にチェックする事が可能となります。
※マスクを付けた状態でも検温可能です。

また、顔認証と検温を組み合わせて使用する事も可能です。

【参考情報】
人体検温アクセスコントローラ エントリー版

店舗入口 定員管理 三密防止


フロー制御 使用イメージ
AIカメラ(フロー制御)で、店舗内の入退場者数を自動チェックします。
入退場者を自動チェックし、入場可能な人数をグラフィック表示して事が可能です。
指定の人数以上の入場者が出た場合はアラームを上げて、店舗管理者へ警告を上げる事も出来ます。
これにより、人手を介さず施設内の密回避が可能となります。

店舗内部 滞留検知 ソーシャルディスタンス確保


滞留制御 使用イメージ
AIカメラ(滞留制御機能)で、指定エリア内の人数や滞在時間を自動チェックします。
指定エリアへの進入禁止、エリアの滞在人数制限、エリアの滞在時間制限などを行う事が可能です。

滞在人数や滞在時間が閾値を超えるとアラームを上げて、店舗管理者へ警告を上げる事が出来ます。
これにより、人手を介さず施設内のソーシャルディスタンス確保が可能となります。

お問い合わせ

お問い合わせ
弊社の販売パートナー様以外からのお問い合わせは、以下のリンクからお願い致します。
お問い合わせフォーム