DahuaはP2Pを推奨している事は知っているが、やはりDDNSを使用したい

Dahuaは2017年12月にDDNSのサポートを終了し、現在はP2Pサービスの利用を推奨しています。
このような状況でもDDNSを使用したい場合、以下の方法でDDNSを利用する事が可能です。

〇ブロードバンドルータのDDNSを利用する。
 FQDNの名前解決が出来て、ポート開放の設定が出来ればDDNS接続は理論上可能となります。
 参考までに無償DDNSサービスを提供しているメーカーを記載します。
 YAMAHA社 ネットボランチDNSサービス
 IO DATA社 iobb.net
 ELECOM社、LOGITEC社 SkyLinkDDNS

※ブロードバンドルータのDDNS設定及び、DDNS対応機種については、ブロードバンドルータ製造メーカーにご確認下さい。
 弊社では、この方法での接続はサポート出来ません。
 また、DDNS接続ができない場合の責任も負いかねますので、予めご承知おきください。
 事前に動作確認の上でのご導入をお願いします。

 【2018年09月現在】