環境への取り組み

TOPページ>会社情報>環境への取り組み

環境への取り組み

CO2削減への取り組み

三星ダイヤモンド工業は、全社的な環境マネジメント体制の基盤として、ISO 14001(環境マネジメントシステムの国際規格)を採用しています。
また、生産拠点だけでなく、本社など非生産拠点においても省エネを推進しています。
事業活動を通じて少しでも環境保全に貢献できる、地球にやさしい企業を目指し、国内外各拠点において以下の項目に取り組んでいます。

オフィスでの取り組み

  • 自然エネルギーの利用
    本社、飯田工場へのソーラーパネル設置
    雨水を貯水し、屋上・外部の灌水として利用
  • 緑化推進
    緑化率は、ソーラーパネル含め敷地面積の28%を確保
  • CO2削減
    エントランスホールの空調室外機は氷蓄熱エコアイスを採用
    屋内の照明はLED照明を使用

統合マネジメント・システム(IMS)

本社、飯田工場と韓国のグループ企業において、フラットパネルディスプレイ、半導体及びガラス産業での脆性材料に関する基礎金属・加工金属製品、機械・装置分野で、ISO9001/ISO14001/OHSAS18001の認証を取得、イメージングテクノロジー事業部(本社・蓼科工場)において、カメラ及びカメラシステムの設計・開発、製造、アフターサービスの提供で、ISO9001の認証を取得しています。

IMS方針

当社では、すべての利害関係者に対しいつまでも価値ある存在として歩み続けることを経営理念としています。
この理念を実現するために、ISO9001/ISO14001/OHSAS18001マネジメントシステムを活用した事業活動に取り組むとともに品質、環境、労働安全衛生に関する下記方針を当社の管理下で働くすべての人びとに方針達成のための役割、責任及び重要性を自覚させるよう周知いたします。

1.
お客様の声を誠実に受け止め、当社の製品・サービス向上に速やかに反映させ、顧客満足の向上に努める。
2.
適用される法令・規制要求事項を順守する。
3.
あらゆる企業活動の場面で、環境との調和をめざして行動を続ける。
4.
快適な職場環境の構築と傷害・疾病の予防に取り組む。
5.
IMS目標を設定し各部門に展開する。

2016年1月1日
三星ダイヤモンド工業株式会社
代表取締役社長 谷端義哲

三星ダイヤモンド工業株式会社

表示コンテンツの絞り込み:

  • すべて表示
  • ソリューション
  • 最新事例紹介
  • その他情報

文字サイズ: