経営理念

PHILOSOPHY

社是「未来を見ながら歩む」

1935年の創業から今に至るまで、
それぞれの時代で求められる技術をお客様に寄り添いながら提供してきました。
これからも切断加工技術で社会に貢献していきます。


存在意義

当社の使命は、社会、市場、顧客、取引先、株主、社員といったステークホルダーに対し、いつまでも価値ある存在として歩み続けることです。

その為には「未来を見ながら歩む」の社是のもと、社員が一丸となって現状を冷静に見つめ、未来に向かって進み続けられる施策を立案実行し、ステークホルダーに評価される価値ある会社でなくてはなりません。

そうした活動を通して、社員に堅実で安定した生活基盤を提供できる会社を目指します。


経営基本方針

  • 顧客の繁栄に貢献する
  • 創造性を尊重する
  • 人より先にやる
  • 自己研鑽に励む
  • いいものしか出してはいけない

行動指針

国際人

自国の文化を愛し、異文化を理解し、誠実で行動的な国際人を目指す。

実力主義

未来への可能性を追求し、自ら進んで行動し、創造に挑戦する企業人を目指す。

現場第一主義

行き詰まったとき、そして新しい知恵と発見のために、現場を重視する企業人であること

規律ある日常業務

礼節と規律を日常業務における基準軸と考え、組織人としての活動を行うこと。

活力ある明るい職場

互いに切磋琢磨するなかで相互の信頼と理解を深め、明るく明朗な職場風土を作る。